性病:クラミジア、淋病の自宅検査

性病:クラミジアや淋病は感染していても自覚症状が出にくいSTD:性病です。性病検査は、郵送でも可能です。性風俗経験者やセックスのパートナーが性病:クラミジアや淋病に感染している疑いがある場合は是非、性病検査を受けてみてください。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラミジアが発覚

以前道具を使用して性行為を行いました。その後すぐにクラミジアが発覚し私も彼も治療をうけました。 今回そのことも安心しきったせいか忘れていて同じ道具をまた使用してしまいました。要するにクラミジア菌が付着したであろう道具をまた膣内に入れてしまいました。一応石鹸で洗ってから使用してはいますが道具が空気に触れていても菌はずっといきているのでしょうか?
感染の可能性が、決してないとはいえません。消毒等、行っていれば感染しないと思われますが、不衛生な環境におかれていた場合、クラミジアだけでなく、他の菌でも性器に悪い影響を与える可能性があるかもしれません。 一般的に、クラミジアは、生存率の高い菌といわれているみたいです。空気中での生存率に関しては資料がありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://toyota1000web.blog44.fc2.com/tb.php/341-98022b36

FC2Ad

相続 まとめ 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。