性病:クラミジア、淋病の自宅検査

性病:クラミジアや淋病は感染していても自覚症状が出にくいSTD:性病です。性病検査は、郵送でも可能です。性風俗経験者やセックスのパートナーが性病:クラミジアや淋病に感染している疑いがある場合は是非、性病検査を受けてみてください。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肛門周辺や外陰唇に赤いぶつぶつができ

数日前から、肛門周辺や外陰唇に赤いぶつぶつができ、灼熱感もあり痒いです。 デリケートゾーン用のかゆみ止めを塗っているのですが、今朝見たら外陰唇のぶつぶつは白っぽく水ぶくれのようになっていました。 また、今朝からは内腿もなんとなくヒリヒリします。 ネットで調べると、性器ヘルペスが一番症状が近いです。 ですが、最後にエッチをしたのが先月末で、発症までの期間が合いません。 検査をした方がいいでしょうか?
現在の症状が、性器ヘルペスによるものかどうかはわかりませんが、明らかな性器の異常は見られるようなので、必ず医療機関へ受診して、治療を行いましょう。 性器ヘルペスの症状としては、性器、性器の周囲の皮膚に異常を生じます。症状が出るまでの機関ですが、およそ2日から10日だと一般的に言われていますが、この限りではありません。性器ヘルペスは、再発しやすい性感染症です。すなわち、症状が治まっても、性器ヘルペスのウイルスは感染している状態になることもあります。この場合、風邪をひいたり、セックスなどの刺激により再度症状が出ることがあるとのことです。 医療機関へ受診して、万が一、性器ヘルペスに感染しているとわかったならば、治療、治療後のケアなどの説明を十分に受けましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://toyota1000web.blog44.fc2.com/tb.php/295-d57a832f

FC2Ad

相続 まとめ 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。