FC2ブログ

性病:クラミジア、淋病の自宅検査

性病:クラミジアや淋病は感染していても自覚症状が出にくいSTD:性病です。性病検査は、郵送でも可能です。性風俗経験者やセックスのパートナーが性病:クラミジアや淋病に感染している疑いがある場合は是非、性病検査を受けてみてください。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人T細胞白血病の症状

成人T細胞白血病はどんな病気なのか

ウイルスを持っている人(キャリア)は100万人います!

この病気は、ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型(HTLV-Ⅰ)の感染により起こりますが、日本のキャリア(持続感染者)約100万人のうち、発症数は年間約700人と言われています。

沖縄、鹿児島、宮崎、長崎にキャリアが多く、国内のキャリアの約3分の1を占める、との報告があります。

発症者のほとんどが40歳以上

感染しても症状が出る人のほとんどが40歳以上で、60~70歳に最も多く出ます。よって、病名に「成人」とつきます。

性行為では男性から女性への感染のみ

母子間の母乳を通しての感染、性行為による感染、輸血による感染があります。

性行為による感染は、精子中のHTLV-Ⅰが原因となって感染しますが、ほとんど症状は出ません。

輸血感染は献血時のチェック検査の導入により、現在ではなくなったと考えられます。


成人T細胞白血病感染経路

母子感染

幼少時に母乳を通して母親から感染した場合のみ症状が出る、と言われています。

感染して症状が出るまで30~70年で、可能性は5%ほどと言われています。

性行為による感染

性行為による感染は精子中のHTLV-Ⅰが原因となり感染しますが、ほとんど症状は出ません。

夫婦間の感染では、男性がキャリアで女性がそうでない場合、結婚後約2年で20%程度の女性に感染するとの報告があります。

輸血による感染

現在は献血時の検査の実施により、輸血での感染はなくなったと考えられます。


成人T細胞白血病の症状

成人T細胞白血病の症状

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。

主な症状

リンパ節のはれ(首、わきの下、足のつけ根など)

肝臓のはれ、脾臓のはれ

原因不明の皮疹

血液中のカルシウム値の上昇による、のどの渇き、意識障害、不整脈など

ウイルス(HTLV-1)に感染して悪性化したT細胞(リンパ球の一種)が、血液やリンパ液によって、 骨髄や肝臓、脾臓、消化管、肺など全身の臓器に広がっていきます。末期には免疫不全者に見られる日和見(ひよりみ)感染症にかかりやすくなります。

スポンサーサイト

尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)の症状

尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)はどんな病気なのか

性器にイボができます

性器や肛門周辺にニワトリのトサカ(カリフラワー状)もしくは乳頭のようなイボができます。

女性の感染率の上昇

全性感染症感染者数の5%を占めると言われ、特に女性の感染者が増えてきています。

母子感染の可能性もあり、新生児に産道感染することもあります。

治療を行っても再発することが多い

ウイルスを完全に取り除くことは難しく、3ヶ月以内に約25%が再発します。

あらゆる性行為により感染します

主にセックス、アナルセックス、フェラチオなどにより感染しますが、皮ふの傷口から感染することもあります。良性の「ヒトパピローマウイルス」が感染源となっています。

がんとの関係?

最近の研究で悪性の「ヒトパピローマウイルス」と子宮頸がんとの関係が報告されています。


尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)の症状

男性の場合

尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)の症状
尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)の症状

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。

うすピンク色または茶色のニワトリのトサカ状(カリフラワー状)か乳頭状(おわんを伏せた形)のイボができます。軽い痛みやかゆみがある場合もありますが、自覚症状はほとんどありません。

症状の出る場所

男性

陰茎、亀頭、包皮の内側、陰のう など

女性

大小陰唇、膣前庭、膣、子宮頸部 など

また、男女の肛門内や肛門周辺、尿道口にできることもあります。進行するとイボは徐々に大きくなり、数も増えていきます。治療としては表面のイボを取り除くことしかできず、再発する可能性が高いSTD(性感染症)です。

女性の場合

尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)の症状
尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)の症状
尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)の症状

HPV(ヒトパピローマウイルス)について

尖形コンジローマの感染源は、HPV(ヒトパピローマウイルス)といい、良性型と悪性型に分けられます。尖形コンジローマは良性型HPVが感染源です。

最近、悪性型HPVの感染が若者の間で広がりはじめ、その結果子宮頸がんの発生が増加している、といわれています。

感染者の7~9割は自然に治りますが、1~3割はがんへの注意が必要になります。


膣トリコモナスの症状

膣トリコモナスはどんな病気なのか

感染者は圧倒的に女性が多い

女性の性感染疾患者の1.8%が膣トリコモナス症です。若年層での感染者が増加し、ピンポン感染(カップルの間で、お互いにうつし、うつされをくり返すこと)にも注意が必要です。

膣トリコモナスとは原虫です

肉眼で見分けることができない原虫(ゾウリムシのようなもの)が性器内に入り込み炎症をおこします。

おしっこで予防?

男性の場合、尿道への感染であれば排尿により洗い流される可能性があります。

性行為による感染とは限らない

性行為による感染が主ですが、下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性があります。よって、性交経験のない女性や幼児にも感染することがあります。


膣トリコモナスの症状

男性の場合

膣トリコモナスの症状
膣トリコモナスの症状

男性が主に感染するところは尿道で、性行為により感染します。男性にはほとんど症状が出ませんが、尿道炎の症状が出る場合もあります。

主な症状

尿道からの分泌物(うみ)

軽い排尿痛

尿道への感染だけの場合、排尿により洗い流される可能性があります。前立腺や精のうに寄生している場合もあります。

女性の場合

膣トリコモナスの症状
膣トリコモナスの症状
膣トリコモナスの症状

女性の場合は、膣だけでなく、子宮頸管(子宮入口の管)、 膀胱、尿道へも感染します。

主な症状

あわ状の悪臭の強いおりものの増加

外陰部や膣の強いかゆみや痛み

治療せずに放っておくと炎症が卵管まですすみ、不妊症や早産、流産をまねく可能性もあります。ただし、症状のない感染者が20~50%とも言われています。


毛じらみ(ケジラミ症)の症状

毛じらみ(ケジラミ症)はどんな病気なのか

かなり激しいかゆみ

陰毛が直接接触して感染することがほとんどで、激しいかゆみが生じます。

性行為以外でも感染します

性行為時の接触感染がほとんどですが、接触の多い母子間、また毛布やタオルなどを介して、間接的に感染することもあります。

ケジラミは吸血性昆虫です

体長1mm前後のシラミの一種です。卵から成虫になり死ぬまでが約1ヶ月ほどのサイクルで、その間に卵を30~40個ほど産みます。主に陰毛に寄生して人間の血を吸います。

治すには陰毛を全部そること

寄生場所の毛を全部そるのが確実ですが、無理な場合は薬用のシャンプーやパウダーで治します。


コンドームが効かない!

性行為で陰毛が接触して感染しますので、コンドームでの予防ができません。


毛じらみ(ケジラミ症)の症状

毛じらみ(ケジラミ症)の症状

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。 ケジラミは主に陰毛に寄生しますが、肛門周囲、ワキ毛、胸毛などの体毛や、時には頭髪やひげにも寄生します。

主な症状

感染部の激しいかゆみ

何も感じない人もいます。

かゆみがあるが、湿疹は出ないのが特徴です。

下着に黒色の点状のしみ(ケジラミの血糞)がつくことがあります。

家族やパートナーなど、他人へ簡単に感染するので、速やかな処置が必要です。


性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状はどんな病気なのか

女性のSTD(性感染症)感染者数の約12%を占めます。

クラミジア感染症や淋菌感染症につづいて感染者数の多いSTDです。

パートナーの感染箇所から、あらゆる性行為により感染します。

性器、口、口唇周囲、肛門などから感染します。

自覚症状はなくても感染させる可能性があります。

感染しても自覚症状の出ないケースは約70%あると言われています。

自覚症状のない感染者は約25万人存在し、コマーシャルセックスワーカー(性産業従事者)においては、抗体保有率が80%に達するとの報告もあります。

治療を行ってもウイルスの排除はできないので、再発の可能性があります。

神経節に潜伏し、過労・ストレス・セックスなどの刺激で、再び症状が出ることもあります。


性器ヘルペスの症状

男性の場合

性器ヘルペスの症状

初めての感染で症状が出た場合

かゆみを伴った1~2ミリの水疱が性器に複数でき、同時に太もものリンパ節の腫れや痛み、尿道分泌物もみられます。症状の出る場所は、亀頭、陰茎体部が多いですが、 大腿部、臀部、肛門周囲や直腸粘膜に出ることもあります。

感染したときは症状がなく、その後初めて症状が出た場合

初感染の場合よりも症状は軽いことが多く、治るまでの期間も短くなります。

性器ヘルペスの症状

再発

過労・セックス・ストレスなどの刺激で再発することが多く、初感染の時と同じ箇所、または臀部や大腿部に水疱や潰瘍ができます。初感染の場合よりも症状は軽いことが多く、治るまでの期間も短くなります。

女性の場合

性器ヘルペスの症状

初めての感染で症状が出た場合

大陰唇や小陰唇から、 膣前庭部や会陰部にかけて水疱や潰瘍ができると同時に、太もものリンパ節の腫れや痛みがみられます。

子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもあります。発熱を伴い、強い痛みで排尿が困難になることもあります。

感染したときは症状がなく、その後初めて症状が出た場合

初感染の場合よりも症状は軽いことが多く、治るまでの期間も短くなります。

性器ヘルペスの症状

再発

過労・セックス・ストレスなどの刺激で再発することが多く、性器または臀部や大腿部に水疱や潰瘍ができます。再発する前に、外陰部の違和感や大腿部周辺に神経痛のような痛みなどの前兆が見られることもあります。初感染の場合よりも症状は軽いことが多く、治るまでの期間も短くなります。


FC2Ad

相続 まとめ 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。